さくらのクラウドでSEIL/x86を動かしてみた(3)

前回の「さくらのクラウドでSEIL/x86を動かしてみた(2)」でさくらのクラウド上にハードウェアの準備ができましたので、SEIL/x86のイメージを作成します。

 

1.FTPの用意

標準では、FTPサーバがインストールしていないため、vsftpdをインストールします。
 # yum install vsftpd
あわせて、FTP用のユーザーの作成も行います。(パスワードの設定も)
FTPサーバを起動します。
# service vsftpd start

2.SEIL/x86のイメージのアップ

SEIL/SMF コミュニティ」より、SEIL/x86のディスクイメージをダウンロードします。
今回は、seilx86-235-bootdiskをダウンロードしました。これを展開して得られる bootdisk.img ファイルを使います。

FTPクライアントでbootdisk.imgを、さくらのクラウド上のサーバにアップロードします。
※ファイルパーミッションに注意してください。

3.SEIL/x86のイメージの展開

追加したディスクにSEIL/x86のイメージを展開しますので、追加ディスクがどのデバイスとして認識しているか確認してください。
今回は、「/dev/hdb」として認識されていました。

fdiskコマンドでパーティションを表示してみました。
サイズは20GBで間違いないようです。パーティションは無いようです。

# fdisk /dev/hdb
Command (m for help): p
Disk /dev/hdb: 21.4 GB, 21474836480 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 2610 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System
続いて、追加ディスクにイメージを展開します。
 # dd if=bootdisk.img of=/dev/hdb
これで終了です。
念のため、先ほどと同じくfdiskコマンドを実行してみます。
# fdisk /dev/hdb
Command (m for help): p
Disk /dev/hdb: 21.4 GB, 21474836480 bytes
64 heads, 32 sectors/track, 20480 cylinders
Units = cylinders of 2048 * 512 = 1048576 bytes
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/hdb1 * 1 32 32752 a9 NetBSD
Boot可能なNetBSDのパーティションが作成されているのが確認されました。

ここで、操作用のサーバをシャットダウンします。

4.HDDの切り離し

さくらのクラウドの管理画面に戻ります。

#1のディスクを「×」ボタンをクリックして切り離します。

5.再起動

もう一度起動します。

無事にSEIL/x86が起動しました。